ソニック・ユースのリー・ラナルド、キャリア初のヴォーカルアルバム

Lee Ranaldo / Between The Times and The Tides
Lee Ranaldo / Between The Times and The Tides

ソニック・ユースのメンバー、リー・ラナルドのソロアルバム
“Between The Times and The Tides”が今月半ばにリリースされる。
今までにもソロ・アルバムというのはあったが、それらは全部が実験的なノイズ・アルバムだったけど、
今回は30年のキャリアの中でも初のヴォーカル・アルバムとなるもの。
ソニック・ユースのアルバムでは1枚につき1曲か2曲はヴォーカルをとっていたので、
まったく歌っていなかったわけではないが、リーのファンからすればこれは大変嬉しいものだ。

俺はソニック・ユースの中ではリーさんがいちばん好きなのです。
ノイズ職人って感じだし、ヴォーカルは上手いとは言えないけどいい味だしてるんだよね。
以下が、今回のアルバムに収録されている曲のPVのようだ。
シンプルで普通な曲だねw ノイズちっくな要素が入った曲はあるのだろうか?


“Off The Wall”

そして、一方ではText Of Light という実験的なプロジェクトもやっていて、
ソニック・ユースというメジャーな舞台にいる一方で、こういう活動をずっとしているとこなんかは
軸がぶれてないって印象があってこれまた好きなんだ。

日本にツアーに来てくれないかなぁ、どうせならヴォーカルと実験的なもの、両方聴きたい。
まあ、まずはアルバムだね、はやく聴きたい!