Spotify と Last.fmが連携できることを知った

spotify×lastfm

いやぁ、いままで知らなかったよ、Spotifyで聴いた曲をlast.fmに反映させることができるなんてさ。もっと早く知りたかった。

Spotifyはもはや音楽を聴く人なら知らない人は少ないんじゃないかな、ストリーミングで聴けるサブスクリプションサービス。一方のlast.fm はインターネットラジオを応用したSNSで、利用者の音楽嗜好を記録、反映することで似たような趣味の人々と繋がることができるものだけど、いまは俺はそんな使い方はしていなくて、単純に何をどのぐらい聴いたかを記録するツール程度にしか思っていない。

年末に1年間の総括としてこんなの書いているじゃないけですか、俺。

2020年、よく聴いた曲とかアルバムとか
2020年もあと1週間ほどで終わってしまいます。今年は新型コロナウイルスの影響でライヴに行くことも、CDやレコードを漁りに行くことも...

Spotifyを使い始めてから、それまでlast.fmで集計していたものプラス、Spotifyが年末に提供してくれるデータをもとに上の記事を書いていたんだけど、last.fmに集約できることで年末の集計が楽になる。

まあそれは置いといて、じゃあどうやるのかってことだけ簡単に書いておこう。

last.fmを開くと右上の自分のアイコンがあると思いますが、アイコンにマウスを当てるとメニューが表示されるので「設定(赤丸で囲ったところ)」をクリックすると設定画面が出るので、そのなかから「アプリケーション(青丸で囲ったところ)」をクリック。

last.fm

そうすると「推奨するアプリケーション」の一覧に「SpotifyでScrobble」というのが一覧に出てくるので、「接続」をクリックするとログイン画面がでるので、SpotifyのログインID(メールアドレス)とパスワードを入れると、下の図のように「過去に接続したアプリケーション」の欄に「SpotifyでScrobble」が表示される。

画面は接続後の状態だ。

last.fmの設定画面

これでSpotifyで聴いた曲もlast.fmに反映されるので、知らなかった人はぜひやってみて欲しい。

ところで話は変わるけど、last.fmって何年か前のリニューアル後から、聴いた曲をTwitterに投稿することができなくなってるのが若干不便。プレミアムユーザーにでもなればできるのだろうか。まあそこまで重要なことではないけど。