2020年版「史上最も偉大なアルバムTOP500」に新たな時代を感じた

Marvin Gaye / What's Going On

ローリング・ストーン誌が2012年以来の「史上最も偉大なアルバムTOP500」を発表した。2012年のは2003年に発表したリストの改訂版というから、およそ17年ぶりの更新みたいなものだろうか。このチャートにはちょっと驚いたね。

500枚並べると長いので、とりあえず上位50枚を書き出す。

  1. Marvin Gaye / What’s Going On
  2. The Beach Boys / Pet Sounds
  3. Joni Mitchell / Blue
  4. Stevie Wonder / Songs in the Key of Life
  5. The Beatles / Abbey Road
  6. Nirvana / Nevermind
  7. Fleetwood Mac / Rumours
  8. Prince and the Revolution / Purple Rain
  9. Bob Dylan / Blood on the Tracks
  10. Lauryn Hill / The Miseducation of Lauryn Hill
  11. The Beatles / Revolver
  12. Michael Jackson / Thriller
  13. Aretha Franklin / I Never Loved a Man the Way I Love You
  14. The Rolling Stones / Exile on Main St.
  15. Public Enemy / It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back
  16. The Clash / London Calling
  17. Kanye West / My Beautiful Dark Twisted Fantasy
  18. Bob Dylan / Highway 61 Revisited
  19. Kendrick Lamar / To Pimp a Butterfly
  20. Radiohead / Kid A
  21. Bruce Springsteen / Born to Run
  22. The Notorious B.I.G. / Ready to Die
  23. The Velvet Underground & Nico / The Velvet Underground & Nico
  24. The Beatles / Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
  25. Carole King / Tapestry
  26. Patti Smith / Horses
  27. Wu-Tang Clan / Enter the Wu-Tang (36 Chambers)
  28. D’Angelo / Voodoo
  29. The Beatles / The Beatles (White Album)
  30. The Jimi Hendrix Experience / Are You Experienced?
  31. Miles Davis / Kind of Blue
  32. Beyoncé / Lemonade
  33. Amy Winehouse / Back to Black
  34. Stevie Wonder / Innervisions
  35. The Beatles / Rubber Soul
  36. Michael Jackson / Off the Wall
  37. Dr. Dre / The Chronic
  38. Bob Dylan / Blonde on Blonde
  39. Talking Heads / Remain in Light
  40. David Bowie / The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
  41. The Rolling Stones / Let It Bleed
  42. Radiohead / OK Computer
  43. A Tribe Called Quest / The Low End Theory
  44. Nas / Illmatic
  45. Prince / Sign O’ the Times
  46. Paul Simon / Graceland
  47. Ramones / Ramones
  48. Bob Marley and the Wailers / Legend
  49. OutKast / Aquemini
  50. Jay-Z / The Blueprint

どうですか?パッと見て違和感ありませんか?俺は見た瞬間にびっくりしたね。だってこういうチャートの1位には決まってあのアルバムが鎮座していたじゃないですか。そう、ビートルズの『サージェント・ペパーズ』ですよ。2020年において、ついにビートルズに対する神のような扱いが終わったというか、時代が変わったなと思ったのですよ。

ちなみに『サージェント・ペパーズ』は2020年版ではなんと24位!10位以内にも入らないという有様。ビートルズに限って言うと、ほとんどのアルバムが評価が下がっている。それなのに『ペット・サウンズ』が2003年版に続いて2位というのはどういうことなんだろうね。

今回のトップ500は2000年代のアルバムまでが対象なのかな、ヒップ・ホップやR&B(90年以降のね)が結構目立つのも特徴だし、1位がこれまでも上位に位置していたマーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイン・オン』というのも今の時代だからこそというものを感じる。要は時代がやっとこのアルバムに追いついたんだなと。

ローリング・ストーン誌って白人至上主義っぽいイメージがあったから(本当に勝手に俺がそう思っていただけで、実際はわからん)、この2020年版「史上最も偉大なアルバムTOP500」はとても面白いなと思った。

500位まで見たい人はamassの記事を見て下さい。

米ローリング・ストーン誌は「史上最も偉大なアルバム TOP500」の新ヴァージョンを公開。300人を超えるアーティスト、プロデューサー、評論家、音楽業界の著名人が参加して新しいリストを編集