ストゥージズにジェイムス・ウィリアムソンが加入!

イギーとジェイムス
本題に入る前に。
ビートルズのモノラル・ボックスは先日HMVとAmazonの両方から
入荷した旨のメールが来ました。どちらで買おうかちょっとだけ悩み、
HMVで注文することにしました。Amazon はキャンセルですね。
まだ現物がないので、別のお話を。

Pitchfork の記事より
The Stooges Reunite With Raw Power Guitarist James Williamson
(ザ・ストゥージズ、”Raw Power”に参加していたギタリスト、ジェイムス・ウィリアムソンを迎えて再結成)
もうビックリ!マジかよ!見たいぞ!

イギー・ポップはストゥージズを再結成してツアーを行っていたけど、
今年の1月にギタリストのロン・アシュトンが亡くなってしまい、
それからもう8ヶ月が過ぎてしまったわけだが、
ロンに代わってグループに参加することになったのが、ジェイムス・ウィリアムソン。
イギー&ザ・ストゥージズの1973年の大傑作 “Raw Power”に参加していた
ギタリストで、彼のギターがあってこその名盤だと俺は思っている。
その後はイギー・ポップと共に “Kill City” というアルバムを作ったり、
イギーのソロ・アルバムのプロデュースなんかもしていたけど、
以降はずっと音楽ビジネスからは遠ざかっていた人なんだよ。
それがいきなりこのニュースなんだから驚かずにはいられない。
記事を読むとイギーがジェイムスに声をかけたようで
「なんてこったい!いっちょうやってみるか!」なんて思ったみたいだw
ジェイムスは1974年のストゥージズ解散以来、ステージには立ってないそうだ。
どうやら年内はリハーサルをして、2010年からツアーを開始するみたい。
まあ1973年当時のような鋭さはそんなに期待していないけど、

Iggy and The Stooges / Raw Power
Iggy and The Stooges / Raw Power
01. Search and Destroy
02. Gimme Danger
03. Your Pretty Face Is Going to Hell
04. Penetration
05. Raw Power
06. I Need Somebody
07. Shake Appeal
08. Death Trip

このアルバムはイギーがミックスに立会い、1997年に再発された。
それまでのCDは非常に音が乏しくてベースなんて聴こえないぐらい。
俺は廉価盤のアナログレコードを持っていたが、それも音は貧弱。
ストゥージスはそれまでに2枚のレコードを出していて、
そのどちらも最高な出来なのに、この”Raw Power”の音の弱さのせいで、
買ってから10年近くは好きになれずにいた。

だけどこのミックスは本当に素晴らしい!
デカい音で再生するとスピーカーが壊れるんじゃないかってぐらい。
激しさも強調されて、ジェイムス・ウィリアムソンのギターも鋭くなっている。
だから今だったら思い切りこのアルバムを皆に薦めたい。
もしあなたがロックが好きで、パンクが好きで、凶暴な音が欲しかったら、迷わずこいつを聴くといい。
“Search And Destroy” もいいが、俺はラストの”Death Trip”を特に薦めたい。
イギーもジェイムスも暴れているし。
だから2010年、ストゥージズには日本に来て欲しい。
見たい!

コメント

  1. LA MOSCA より:


    俺はロンが亡くなったって聞いたとき、すぐ、このパターンを思い浮かべ、“まさかな、それだけはやってくれるなよ”と思ってました。
    いや、自分のブログにも書きましたが、ロンよりウィリアムソンのギターの方が好き(あくまでどっちかというとですが)だし、ストゥージズが再結成されたときも、ウィリアムソンも参加して二部構成でやればいいのになぁ、ダムドみたいに、なんて思ってはいたのですが。
    でも再結成後のインタヴューで、ロンが「二度とベースは弾かない」と言ってるの読んじゃったし、脱退じゃなく死んじゃったからねぇ。
    バチ当たらないといいけどね(笑)
    と言いつつ、来れば間違いなく観に行くし、アルバム出たらブーブー言いつつも聴くと思いますが(笑)

  2. hiroumi より:


    LA MOSCAさん
    コメントどうもありがとうございます。
    この流れでアルバムも期待しちゃいますね。
    同じくブーブー言いながらも聴きますがw
    ジェイムスはずっとシリコンバレーでIT関係の仕事をしていたようですね。