『My War』は10代のうちに聴いておきたかった

Black Flag

アメリカン・ハードコアの代表的バンド、Black Flag。
メンバーの入れ替えが非常に激しく、ヴォーカリストだけでも4人はいる。
そのどの時期もすごくカッコイイのだけど、
アルバムが出るようになったのはヘンリー・ロリンズが加入してから。
1stの”Damaged”はUSハードコアシーンに残る名盤だけど、
俺は事あるごとに2枚目の”My War”を聴く。

Black Flag / My War
Black Flag / My War
01. My War
02. Can’t Decide
03. Beat My Head Against The Wall
04. I Love You
05. Forever Time
06. The Swinging Man
07. Nothing Left Inside
08. Three Nights
09. Scream

「事あるごと」というのは、「頭にきたとき」のこと。
怒りに任せてこのアルバム、特にタイトル曲を聴くとすごく気持ちが良い。
気が荒くなるし、凹みそうなときはこのぐらいの曲で気分を高揚させたくなる。
10代に戻った気分にもなれる。

そう、実を言うと俺がBlack Flagを聴いたのはここ数年の話。
まったくの中年になってからで、このアルバムを10代で聴かなかったことを
今ではものすごく残念に思っている。

「おまえは俺の友達だと言うが、お前はあいつらの仲間だ」とタイトル曲では
しきりに歌っている。こんなのを10代で聴いていたら、まちがいなく俺は
その通りに思っていただろうし、周りを全員敵視していたに違いない。

ヘンリー・ロリンズのシャウトが生々しくて、
おっさんになった今でも怒れる気持ちが湧いて来るんだよなw
オールド・ミュージシャンを聞いて日和ってばかりもいられねえんだよ。
そんなんで老け込むなんてやってられねえだろ?
アルバム全体はハードコアというよりも、
ブラック・サバスのような重くてドロドロしたヘヴィ・メタルに近いものがある。
特に後半の3曲がね。

コメント

  1. 匿名 より:


    同意です。中年になっても大人しい音楽よりBlack Flagを聴いてるような中年でいたいものです。