唯一持っているプッシー・ガロアのレコード

Pussy Galore / Sugarshit Sharp
ジョンスペついでに。
ジョン・スペンサーはブルース・エクスプロージョンを結成する前は
プッシー・ガロアというグループをやっていた。
ワシントンだかニューヨークを拠点として活動していたけど、
いわゆるノイズでジャンクな音楽性はまったく評価されなかったようだ。
写真は1988年にリリースされた”Sugarshit Sharp”という12インチ。
A面がアインシュトゥルツェンデ・ノイバウテンの”Yu Gung”のカバー1曲で、
B面には5曲ほど入っている。


1998年もしくは99年、俺は新宿アルタの上のほうの階にあった
CISCOでこれを買ったんだよな。覚えてるか?CISCOがあったんだぞ。
でも何で買ったのか覚えていないんだよね。
まったく初めて見るバンド(レコード)だったし、
事前にクロスビートかロッキング・オンの輸入盤レビューを読んでいたかも。
ただ興味深かったのはジャケにも描かれている絵。
ストーンズのベロマークとノイバウテンの目玉オヤジのようなキャラの
身体部分を合体させたその絵に惹かれたのかもしれない。
記憶しているところでは、このベロマーク使用に関してストーンズ側から
クレームが入ったとか。それがその後どうしたかは知らないけど。
そしてやはりノイバウテンの曲をカバーしているというところが
最も惹かれたのだと思う。アメリカのバンドがノイバウテンを?って感じだったし。
これがオリジナルなんだけどね。

そしてこれがプッシー・ガロアによるカバー

俺はノイバウテンも好きだけど、
この曲に関してはプッシー・ガロアの方が断然好き。
当時19歳だった俺には衝撃的だったな。
で、その勢いで”Groovy Hate Fuck”というレコードを買ったんだけど、
まったくついていけず・・・・w
まだ十分理解できていなかったんだな、今聴くとすげええええええ好きなのに。
以前も似たようなこと書いてるけどね。
関連記事:
メインストリートのならず者・その2