ドナルド・フェイゲンがきっぱりと断言「スティーリー・ダンの新しいスタジオ・アルバムは出ない」

steely dan

ついに、ドナルド・フェイゲンから宣言されてしまったよ・・・。スティーリー・ダン名義の新しいスタジオ録音のアルバムは「出ない」と。ずっと新しい曲を待ちわびていたのに。

これは「バラエティ誌(「誌」でいいのか?サイトなんだけど)」でのインタビューで明らかになったことで、いまもスティーリー・ダンの名前でツアーをしていることから、今後新しいアルバムは期待できるのかという質問に対し、フェイゲンは「それはない、僕はスティーリー・ダンの50%のメンバーでしかない。」と答えている。

Drink your big black cow and get back in here. Donald Fagen has simultaneously released two new live albums — one under the nearly 50-year-old banner of Steely ...
ドナルド・フェイゲンはスティーリー・ダン名義でライヴ活動を行っていますが、同名義のスタジオ・アルバムは今後ありえるのか? フェイゲンは最新インタビューの中で「僕はスティーリー・ダンの50%のメンバーでしかないからね。そんなことは絶対にしないよ」と断言 

つまり、スティーリー・ダンはウォルター・ベッカーと2人揃ってこそという考えがあるのだろう。いまやっているツアーもドナルド・フェイゲン&ザ・スティーリー・ダン・バンドという名称で回ろうとしていたが、プロモーターから「スティーリー・ダンじゃなきゃ金出さない」と言われたからそうしているだけだという。

そう、つまり俺たちは今後、スティーリー・ダンとしての新曲やアルバムは望めないということだ。

さらにフェイゲンによると、スタジオに入ろうとしたこともあったらしいが、ウォルター・ベッカーが2010年頃から体調を崩し、何もしたくないというのでそれを受け入れたとのこと。ずっと新しいアルバムを待ち望んでいた俺は明日から何にすがればいいのやら・・・。

とはいえ、フェイゲンはこのコロナ禍を利用して2つのライヴ・アルバムのミキシングを行い、さらにはソロ・アルバム用の曲まで準備したとのこと。来年レコーディングに入るというので2022年中に5枚目のソロ・アルバムを聴くことができるのだろうか。