R.I.P. チャーリー・ワッツ(1941-2021)

ザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが亡くなった。80歳。先々週ぐらいに入院とか手術をしたので、これから始まるストーンズのツアーには不参加というニュースを見たばかりだった。

我々の愛するチャーリー・ワッツの死を発表することは、計り知れない悲しみを伴います。彼は今朝早く、ロンドンの病院で家族に囲まれて静かに息を引き取りました。

チャーリーのドラムは「タン!タン!」といった軽いタッチが印象的で、ストーンズの音を50年間支えてきた。キース・リチャーズもかつては「チャーリーこそストーンズだ」と言ってたことがあるそうだ。

チャーリーのツアー不参加と聞いて、代わりに誰が叩くのかなんてまったく想像できないよね。代わりのきかない唯一無二のドラマーを失ってしまったことは残念だ。

安らかに眠ってください。

ストーンズのメンバーの投稿