『チャイニーズ・デモクラシー』を聴いたのでちょっとした感想を

Chinese Democracy
Amazonで詳細を見る
『チャイニーズ・デモクラシー』、知り合いの好意で聴くことができました。
01. Chinese Democracy
02. Shackler’s Revenge
03 Better
04. Street of Dreams
05. If the World
06. There Was a Time
07. Catcher in the Rye
08. Scraped
09. Riad n’ the Bedouins
10. Sorry
11. I.R.S.
12. Madagascar
13. This I Love
14. Prostitute
聴く前までは、正直それほど期待はしていなかった。
だが、意外にも聴きやすいアルバムだ。
アクセル・ローズのあの声も健在で、
ヴォーカルを重ねる手法が多いようなきがするが、
それは声の衰えでも隠したのか?とか余計な事も思うけど、結構イイと思う。
聴こうかどうしようか迷っている人には、聴くことをオススメしておきたい。
もちろん、『アペタイト・フォー・デストラクション』と比べるのは酷ではあるが、
『ユーズ・ユア・イリュージョン』との比較なら容易だと思うし、
俺は『ユーズ・~』よりはイイと思っている。
バラード系の曲が目立つのがちょっと・・・という気もするけどね。


ところで、この『チャイニーズ・デモクラシー』、
「中国の民主化」ってタイトルは社会主義の同国では発売できないって
ニュースをどこかで見たけど、でもきっとブートレグで出回るんでしょ、
あの国のことだから(笑)
DrPepper
アメリカにお住まいのみなさん、クーポンはゲットしましたか!?
関連記事:
『チャイニーズ・デモクラシー』がMySpace に登場
ガンズ・アンド・ローゼスがアルバム出すからDr.ペッパーがおごることになった