オリジナル・ラブ 『白熱』を聴きながら思ったことなど


オリジナル・ラブ / 白熱 (DVD付)

CD
01.フリーライド
02.バイク
03.セックスと自由
04.カミングスーン
05.春のラブバラッド
06.ハイビスカス
07.ふたりのギター
08.海が見える丘
09.あたらしいふつう
10.好運なツアー
(Bonus Track)
11.フリーライド(ひとりソウルショウバージョン)
12.なごり雪
DVD
01.フリーライド(ひとりソウルショウ ポニーキャニオンDAYS)

前作『東京 飛行』から約5年ぶり。 ツアーは何本もやっていたし、
持田香織とユニット組んでたし、 「ボラーレ」をカバーしてベスト盤は出していたし、
だけどここまでアルバムのブランクがあったのは初めてのことだった。
その間にはポニーキャニオンとの契約も終わってしまったみたいで、
今回のアルバムは自身のレーベル、Wonderful World からのリリースとなった・・・。

タイトルは『白熱』。 オリジナル・ラブ20周年ということもあり、
新たな気持ちで出発したいということから何も書かれていないノートのイメージの「白」、
そしてエネルギーに満ちた様子を「熱」という文字を使いそれらを合わせたようなことを
田島自身の日記で言っていたような気がする。
そして今回はすべての楽器やサウンドプロダクションを田島1人で手がけているとのこと。
いづれにしても、こうして新しいアルバムを手に入れることができて何より。

収録されている曲については、「フリーライドツアー」でほとんど聴いて、
ライヴレポートに感じたことを書いているのでここでは1曲ごとのコメントは控えます。
個人的ベストトラックは「セックスと自由」と「ハイビスカス」。
前者の70年代のニューミュージックのアーチストがロックをやっているかのような
ギターのカッティングや曲調がカッコイイ。このカッコ良さはしばらくなかったな。
そして後者のメロディなんかはこれぞ田島貴男の真骨頂というもの。

他気がついたことといえば、全体的に70年代テイストが含まれているような。
ヴォーカルのエコーのかけ方とかソウル・ミュージックのレコードみたい。
若干リズムが貧弱で、ドラムぐらいは古田さんに叩いてもらってもよかったのに・・・。

しかし、5年待った甲斐があったと素直に思えるアルバム。
ライヴレポには書かなかったけど、このアルバムの曲を聴いていて、
俺はこの人を支持してきて良かったなと思いながらも、時々涙腺が熱くなっちゃってね。

というのも、やはりオリジナル・ラブのアルバムがメジャーレーベルから出ないってのが残念でならない。
今の時代、メジャーやインディーは関係ないという人もいるだろうけど、
でも田島貴男はメジャーレーベルにいるべきアーチストだと思うのさ。
90年代前半、まだ洋楽至上主義だった俺はJ-Popなんて「クソ」だと思っていて、
(今もほとんどをそう思っているのは否定しませんが)
しかしテレビで偶然聴いた田島貴男のヴォーカルに惹かれ、
『Sunny Side of Original Love』を聴いた時の衝撃ときたら・・・。
日本にこんな凄い音楽を作る奴がいたのかよ!と価値観をぶっ壊してくれたのが オリジナル・ラブだったんだよ。

偶然にも、俺と同年代のこの人も同じ事を言ってた。

つまらない音楽ばかりと思っていた日本の音楽界に、こんなに凄い音楽をぶつけてくる奴ら(当時はバンドだったので)がいるということを自分に教えてくれたのが、ORIGINAL LOVEだったのだ。
ORIGINAL LOVE『白熱』を聴きながら – バベルの塔または火星での生活 より

ファンの俺が言うことだから、より強調されてしまうのだけど、
田島貴男って唯一無二の才能を持ったミュージシャンだと思う。
パンク、ニューウェイヴの洗礼を受けながらも、作る曲はポップ・ミュージック。
そのバランス感覚は他のミュージシャンでは出せないものだし、
間違いなく90年代以降の日本の音楽の水準をあげた1人だろう。
音楽業界は田島やそういう人たちの功績をムダにしてはいけないはずなのに、
今では目先の利益ばかりを追求した消耗品を売る始末。

レコード会社だってビジネスだというのは分かるけど、
音楽業界が才能ある人やその作品を継承せず、育てもしない。
これじゃ誰も音楽業界に何も期待しなくなるよね。

オリジナル・ラブをメジャーレーベルに置かないというのもそういうことかなと、
ちょっと大げさかもしれないけど『白熱』を聴きながらそんなことを思っている。

あ、もちろん、『白熱』は楽しんで聴いてますよ。
眉間にしわ寄せたりしていないからw

コメント

  1. 匿名 より:


    そのとおり!

  2. mattun より:


    はじめまして、こんばんわ。
    昨年の「幸運なツアー」AXの記事から拝見させてもらってます。

    1x年ぶりにAXのOLライブ参戦ですかっり、嵌マッチ。
    今年は他二名を巻き込んでクアトロに参戦しました。(九州から・・・)

    今後ともOL&音楽ネタを楽しみしてます。
    できればOLネタお願いします(笑)。

    今後遊びにきますので、どうぞよろしく~

  3. hiroumi より:


    匿名さん
    一言だけでも簡潔な賛同ありがとうございます!

    mattunさん
    コメントありがとうございます。
    九州から来られたのですか!それは凄いですね。
    オリジナル・ラブ、せめて福岡でもやってくれればいいのに。
    OLネタですかw がんばって随所に入れていきます。
    今後ともどうぞよろしく!

  4. ゆうこりん より:


    はじめまして。。偶然辿り着き、拝見いたしました。
    待ちに待ったアルバムは、まっすぐに私の心に響いてきて・・
    本当に「生きててよかった」と思います。
    私も「セックスと自由」にやられました。
    田島さんのセクシーな声に、健康的な明るさも加わったと
    個人的に思っています。
    ずっと素敵でいて欲しいです!

  5. hiroumi より:


    ゆうこりんさん
    健康的な明るさ、そうですね、ホントそう思います。
    今までのオリジナル・ラブには無いものが加わった気がしますね。
    中にはそれを好ましく思わない人もいるみたいだけど、
    田島貴男は変わり続けていってくれるので、
    いろんな魅力がその時々で出てきて欲しいものです。