回想80年代:オリビア・ニュートン・ジョン「フィジカル」

Olivia Newton John / Physical
Olivia Newton John / Physical
1981年の大ヒット曲。CASHBOXでは8週連続、
Billboardでは10週連続で1位となり、
女性ヴォーカルの楽曲としては、ホイットニー・ヒューストンに
抜かれるまで10年以上も破られない記録となった。
オリビア・ニュートン・ジョンはそれまでは清純派的な存在だったようで、
「フィジカル」でレオタード姿で、ちょっと意味深に取れる歌を
歌ったというのはかなりのイメチェンだったようだ。
中学生の俺にしてみれば何歌ってるのか分からなかったし、
普通にポップソングとして接していたものだ。


当時俺は中学1年生。
日曜日の朝に文化放送でオンエアされていた
「オールジャパン・ポップ20」という洋楽ヒットチャートの番組で聴いた。
確か1982年に入ってからだったと思うが、お年玉が残っていたので、
アルバム『虹色の扉(Physical)』をミュージックテープで買った。
(つまりカセットテープのアルバムってことw)
俺にとっての洋楽ポップスの原体験のひとつ。
それまで歌謡曲ばかり聴いていた中学生にとっては、
シンプルだけどキャッチーな曲調が新鮮だった。
いや、オールジャパン・ポップ20で聴いていたどの曲もが新鮮だった。
あの頃に感じていたワクワク感は、今ではもう得られないものだけど、
当時の曲を聴くと思い出せるよね。
オリビア・ニュートン・ジョンといえばELOとの「ザナドゥ」も有名。
実はこの曲もラジオで聴いていて「フィジカル」よりも前に知っていたけど、
インパクトは断然後者。今聴いてもそれは同じだな。

コメント

  1. LA MOSCA より:


    あ〜・・・
    3つの年齢差を感じます(笑)
    俺の場合、この人は「ジョリーン」の人です。
    一度だけ観たホワイト・ストライプスがカバーしてたっけ。

  2. hiroumi より:


    LA MOSCAさん
    ジョリーンは完璧後追いですよw