ビートルズのモノラル・ボックスが無事入手できるか不安になっています

Beatles in Mono
ビートルズのリマスター盤発売まであと2週間とちょっとに迫りました。
俺はモノラル・ボックスをできるだけ安く手に入れたいので、
HMVとAmazonの両方に予約しています。
どちらで入手できても構いません。
ただ、HMVではマルチバイ特価を生かすために、
ボックスのほかに、『アビー・ロード』と『レット・イット・ビー』を
併せて買っているので、どちらかというとHMVでゲットしたいかな。
そうすればとりあえず『イエロー・サブマリン』以外のアルバムが一気に揃うし。
しかし最近こんなことを考えてしまいました。


HMVやAmazonが確保しているモノ・ボックス < 予約数
となった場合、抽選から漏れてしまうのではないだろうか?
俺としては2ヵ所に予約しているから、多分大丈夫だろうなんて
余裕でいるけど、いざ発売日になったら
「商品の確保ができませんでした」(by HMV)というメールが
来たりするんじゃないかと不安になってきました。
もしくは、日本のEMIがクソ高い日本盤を売りつけるために
HMVやAmazonに圧力をかけて、結局は39800円を払う羽目に
なるのではないかと。
輸入盤を入手できなかったらどうしようか、今から考えておかないと。
プラス1万円してでも日本盤を買うか、もしくはモノラルを諦めて
ステレオ盤で一気に揃えようかですね。
1万円ぐらいケチケチするなとおっしゃる方もいるかもしれませんが、
大して裕福でもない俺にとっては非常に重要な問題ですw
いざとなったら Dr.Ebetts さんによるモノラルバージョンを聴いて我慢かな。
でもこう書きながらも7割ぐらいは入手できると思っています。
関連記事:
「ドント・パス・ミー・バイ」のモノラル・バージョンが心配になってきた
ビートルズのモノラル・ボックスは39800円
ビートルズのリマスターで迷っている人へ
ビートルズついにリマスター!そしてモノラル盤も!

コメント

  1. JUN LEMON より:


    hiroumiさん、今日は。
    私もHMVにはかつて裏切られたことがあるので、今回も心配でしょうがないのですが、未だにマルチバイでの予約を受け付けていることから、かなりの数を確保しているのではないかと思っています。もしこれで「確保できませんでした」なんて連絡が来たら、苦情どころか暴動が起きるのでは?
    今回日本で作るということに、何か意味があるではないかと思うのです。モノのコレクターは日本に多いことが分かっているでしょうから、ターゲットは日本だったのでは?「輸入盤」と言いながら、日本からイギリスに輸送することはしないで、製造されたらそのまま日本で出荷待ちなのではないでしょうか?そうすれば輸送費もかからないですし。また限定数をうたっていないのも、初回の注文数を眺めてそれに合わせるのではないかと推測しています。

    長々とスミマセンでした。

  2. hiroumi より:


    JUN LEMONさん
    そうなんですよね、一応今でも予約を受け付けているみたいだから
    手に入らないってことはないかなって思っています。
    輸入盤が日本製というご意見には大いにうなずけます。
    なにはともあれ、あと2週間ですね。