サマソニにティアーズ・フォー・フィアーズが出るそうな

Tears For Fears / Songs From The Big Chair
Tears For Fears / Songs From The Big Chair

すでにサマソニやフジロックの出演者が発表されているが、
フジは最初から行く気にならないからスルーしている。
そしてサマソニは出演者が発表されれば確認しているけど、今のところ触手は動かない。

そんな今年のサマソニにはティアーズ・フォー・フィアーズが出るそうだ。
80年代にヒットを飛ばした彼らも、ローランド・オバーザルとカート・スミスと
いう2人のメンバーが仲違いをしてソロになったりして、今はまた一緒にやっているけど、
俺の年代からすればやはり白眉は80年代の作品だろう。
(俺の年代以降の人たちにはさっぱり知らない人たちなのかもしれないが・・・)

やはり代表作はこれでしょう、1985年の”Songs From The Big Chair(邦題:シャウト)”。
「シャウト」「ルール・ザ・ワールド」という2つの全米No.1曲を出し、アルバム自体も全米No.1になっている。
シンセサイザーをメインとしたポップ・ミュージックではあるが、機械的な印象があまりなく、
むしろ人間臭さを感じるところが俺はすごく好きで、最初はレコードをレンタルしたけど、
すぐに今は無き池袋のWAVEで輸入盤LPを買ったんだよね。モノクロのジャケも秀逸。


Shout

No.1ヒットばかりが目立つけど、実はこのアルバムはアナログで言うところのB面、
“I Believe”, “Broken”, “Head Over Heels”の3曲の流れが素晴らしすぎる。
俺は今でもこの3曲は必ずセットで聴く。

それから遡って1stアルバム”The Hurting(邦題:チェンジ)”を聴いて、これもかなり気に入ってた。
ネオアコ寄りな音で若干暗めなのが最高。でも3枚目となる”Seeds of Love(邦題:シーズ・オブ・ラヴ)”は
タイトル曲こそ良かったけど、いまいち入り込めなかった。何でだろうなぁ、今でもわからない。
オリータ・アダムスって女性黒人シンガーが入って、別なグループに感じたのかな。

その後、カート・スミスが脱退して、ローランド・オバーザル1人のユニットとなり、
アルバムも買ったけど全然聴かずに手放してしまった。
2000年代になって再びカートと組んでいるけど、今はどんな感じなんだろうね。
サマソニに来ても、きっと昔の曲が盛り上がるんだろうなぁ。
それはそれで面白いけどね。

もう何年も前から”Seeds of Love”を再度聴いてみようなんて思っているけど、未だに聴いていない。
これを機に聴いてみるかな。

コメント

  1. v2(えん) より:


    僕もこれカセットにダビングしてたの聞いてました! シャウト好きでしたねぇ。。しみじみ。

  2. hiroumi より:


    えんさん
    俺も高校生のときはカセットだったよ!懐かしいですなぁ。
    今もテープあるかも。