ジョビンの特別番組が聴きたい

アントニオ・カルロス・ジョビン
岩切直樹さんの「三月の水」より
「ジョビン特別番組がFMでオンエア」
ブラジル音楽の巨匠、アントニオ・カルロス・ジョビンの特別番組が
FMで制作されたそうだ。
引用すると

おそらくここまでトム・ジョビンの実像に迫ったFM番組が放送されるのは日本で初めてだと思います。「ありきたりの内容にはしたくないよね」という合言葉で制作された、愛のある番組です。

これは俺もぜひ聴きたい。
だけど残念なことに、11/10現在では東京ではまだ放送予定が無いそうだ。
すでにエフエム山形とFM栃木では9日に放送され、
FM長野では16日に、23日にはFMとやまで放送が予定されている。
頼む~、東京でも放送してくれ~!


こういう特集は、やはりラジオに限ると思う。
音楽とナレーションだけというのは、
聴き手のイマジネーションを刺激するし、
聴きながらその音楽やアーチストについて考える時間も与えてくれる。
映像があれば視覚にも訴えてさらにいいかもしれないが、
DVDやYouTubeなどで発掘映像を見ても、あまり心には残らない。
聴くという行為よりも見るという行為のほうが強いからなのかもしれない。
12月8日のジョビンの命日にでもいいから放送してほしい。
ん?ジョン(・レノン)と同じ日だ!
関連記事:
ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー
ブラジル・フェスティバル2008
三月の水、三月の雨、どっちなんだ?