シルバニアスリープ / 語られることのない、僕のストーリー

「切ないなぁ。」
聴いて最初に感じたのがこの一言。
前作である『僕が望んだ白と黒の空』でも同じように思ったものだが、
この切なくて激しくて儚い一瞬を音盤に記録できるのが、
シルバニアスリープの特徴であり、強みだろう。
この『語られることのない、僕のストーリー』は約1年半ぶりとなる彼らの2ndアルバム。
自らの音を「ヤサシサ激情ギターロック」と言うように、
30分弱に凝縮された8曲からは、感情やエネルギーを抑えきれず、
かろうじてコントロールしながらギリギリのところを彷徨っている感じがする。
彼らには大人にならずに、このまま突っ走って欲しいものだ。