大量のライヴ音源が無料で聴ける「Wolfgang’s Vault」

Wolfgang's Vault

これは凄い!
有名なアーチストのライヴ音源がすべて無料で聴くことができる、
Wolfgang’s Vault“というサイトを今すぐチェックしたほうがよい。
伝説のコンサートホール、フィルモア・イースト、フィルモア・ウェストの
オーナーであったビル・グラハムが管理していた音源や、
1973年から2007年まで放送されていた”King Biscuit Flower Hour”で
流されていた音源を中心に、恐らく一生かかっても聴ききれないほどの音源が公開されている。
音源はすべてストリーミングで聴くことができて、聴くためにはユーザー登録が必要となる。
と言ってもメールアドレスとユーザー名とパスワードを決めればいいだけ。
そして音源を購入することもできる。

もう数日前からこのサイトでいろいろ聴いているけど、とにかく圧巻なのはアーチスト数かな。
ビル・グラハム所蔵の音源は、やはりフィルモアのオーナーだっただけに、
ジャニス・ジョプリンやグレイトフル・デッドをはじめ、
シカゴやジェファーソン・エアプレイン、ジミ・ヘンドリックスなど、
これだけでロックの歴史が全部聴けてしまうだろうってぐらい。
だいたい60年代終わりから、1990年ぐらいまでの様々なアーチストの音源が主で、
最近のバンドもごくまれにある。

個人的には80年代のヒットチャートを賑わしたバンドの
ライヴ音源をちょくちょく捜しては聴いている(今もトム・トム・クラブとか聴いているし)。
唯一欠点としては、ストリーミングで聴いているため、
曲が変わるたびにロードされるから音が一瞬途切れること。
だけどそこは目をつぶる、タダで聴かせてもらってるんだからw

これが最も聴かれているトップ10だって(見づらいけど勘弁)。
Wolfgang's Vault
アーチストごとのページ。ライヴ音源があればこの下に一覧が出る。
聴きたいライヴをクリックすると、別ウィンドウでプレーヤーがでてくる。
Wolfgang's Vault
これがそのプレーヤー。右側に広告あり。
Wolfgang's Vault
そしてこのサイトは音源だけでなく、
映像も見ることができるらしいけど、俺はまだ何も見ていない。
他にも物販コーナーもあって、ポスターだのチケットのレプリカや
Tシャツも販売している。
こうして音楽を保存しておく文化があったから
いまこうしてお宝として膨大なアーカイブが作れるんだろうね。
日本の放送局には国内アーチストのこういう音源とか残ってないの?
音楽業界もCDが売れねえとか言ってないで、こういうことをすればいいのにね。