Golden Years のリミックス音源とアプリ

golden years app

デヴィッド・ボウイのオフィシャルサイト「bowieNet.news」に載っていたのだけど、
“Station To Station”に収録されている”Golden Years”を、
アメリカのKCRWというラジオ局のDJたちがリミックス。
それを6月にリリースするそうだ。
CDとデジタル・ダウンロードの他に12インチアナログの3種類。
収録曲はどれも同じで以下のとおり。
1. Golden Years (Single Version) (2002 Digital Remaster)
2. Golden Years (Anthony Valadez KCRW Remix)
3. Golden Years (Eric J. Lawrence KCRW Remix)
4. Golden Years (Chris Douridas KCRW Remix)
5. Golden Years (Jeremy Sole KCRW Remix)

アナログでは4曲目と5曲目がB面にあたる。
ちなみに以下のサイトでこれらのリミックスを聴くことができる。

To celebrate the release of David Bowie’s re-mastered Station to Station, four of our DJs, Jeremy Sole, Anthony Valadez, Eric J Lawrence, and Chris Douridas, ha...

そしてこの音源と同時に、スマートフォン用のアプリもリリースされるらしい。
何ができるのかというと、KCRWのDJのように、”Golden Years”を
リミックスすることができるとのこと!欲しい。

Fans can make their remixes, using eight stems (bounced down from the original 16 tracks), featuring Bowie’s lead vocal, 12-string guitar, bass, drums, guitar, harmonium, percussion (including blocks, congas, claps) and backing vocals.

同曲のマルチトラックが入っていて、自由に音源をいじることができるってこと。
リミックスとかを作らなくても、ボウイのヴォーカルだけを聴くとかも可能なのだろう。
作成したリミックスをMP3形式で保存できたり、
スマートフォンを振るだけでランダムでリミックスが作成されたりなんて機能もあって、
このアプリは本当に面白そうだ。
6/6にリリースされるとのことで、今から楽しみ。
もし外部入力が可能であれば、ノイズバージョンを作りたいね。