ビートルズの初期4枚はむしろステレオで聴きたい

ビートルズ・ボックス
ビートルズのリマスター再発まであと3日となりました。
モノラル・ボックスの予約をAmazonとHMVにしたのは前に
書いたとおりですが、未だ連絡は来ていません。
8月後半にモノラル・ボックスを予約した人の中には
出荷が10月になる旨のメールがAmazonから来たという人もいるようで、
7月後半に予約した俺は果たしてどうなるのだろうか、今も不安です。
ところで、今までCDで販売していたビートルズのアルバムのうち、
初期の4枚はもともとモノラルでのリリースでした。
“Please Please Me”
“With The Beatles”
“A Hard Day’s Night”
“Beatles For Sale”
なのでこの4枚はいずれステレオ盤も買うことになりそうです。
むしろ俺はステレオの方が聴きたい気分。


mixi のビートルズのコミュニティでは
初期4枚ステレオ盤の「泣き別れ」について触れられていました。
もともと、ビートルズがレコーディングをしていた1960年代前半は
モノラルが主流だったため、後のステレオ盤は一度録音したテープから、
ヴォーカルは右、ギターは左・・・みたいに無理やり音を左右に分けていたのです。
だからこの辺のことを知らない人がいきなり “I Saw Her Standing There”を
聴いたときに「音がちゃんと出ない!」なんて思っても不思議ではありませんが、
欠陥品ではないのですw。
でも違和感をおぼえる人は多いかもしれませんね。
ヴォーカルがスピーカーやイヤホンの右側だけしか鳴ってないとかが
普通にあるので、電車で2人でイヤホンを1個ずつつけて聴くとか、
左右のスピーカーがやたらと遠く離してあるお店でのBGMとか、
そんなシチュエーションには向いてないですね。
俺は違和感はないんですよ、むしろ大好きです。
中学生の時に初めて聴いたビートルズはステレオだったので、
むしろ懐かしいかも。
今も “Twist and Shout”のステレオを聴いているけど、
ヴォーカルとコーラスは左チャンネルからしか流れてないよw
だから初期4枚はステレオ盤も個人的には必須と思っています。
いや、でも結局は全アルバムだよね。
『ホワイト・アルバム』はモノ、ステレオ両方ほしいし。
だけどステレオ盤は単品で揃えていくと思う。ボックスは邪魔だしw
関連記事:
ビートルズのモノラル・ボックスが無事入手できるか不安になっています
「ドント・パス・ミー・バイ」のモノラル・バージョンが心配になってきた
ビートルズのリマスターで迷っている人へ