コクヨから、CDジャケットが簡単に作れるツールを販売

プレスリリースより

まず知らなかったのだが、iTunes でCDのジャケットの印刷ができるそうだ。
早速 iTunes を開いて確認してみたところ、あった!
「ファイル」→「印刷」で、下記のような窓が開く。
iTunes の印刷用画面
テーマを決めて、あとは印刷用の用紙を入れればいいだけ。
ちなみに、特定の曲目をジャケットに印刷する場合は、
あらかじめプレイリストなどを作って、そこに曲を登録しておけば
印刷したい曲目だけ表示されるようになる。
そして、印刷するための用紙となるのが、
コクヨから2/8に発売される「Media designシリーズ」となる。
特徴は下記、プレスリリースより抜粋だが
■「iTunes」のジャケット印刷機能に最適
「Media designシリーズ」の用紙は、「iTunes」のジャケット印刷機能を使って印刷する際に最適です。
位置合わせが簡単で、印刷後は、用紙に予め入っているマイクロミシン目で切り離すだけで、
簡単にCDやDVDのジャケットを作成できます。
■ジャケット用紙がぴったり入るケース
「Media designシリーズ」のCD/DVDケースは、作成したジャケットとCDやDVDを収容するのに適したサイズです。
また、柔らかいPP製でスリムなサイズ設計なのでかさばりません。
iTunes のプレイリストで曲を選んでCD-Rに焼いて、
ジャケット印刷機能で曲目とジャケットを印刷。
印刷後はミシン目から切り離してすぐ完成。
ソフトビニールのような柔らかいケースにジャケットをCDを
入れれば、自分だけのオリジナルのCDが作成できる。
また、印刷用紙は使用するプリンタによって使い分けができるように、
普通紙から光沢紙まで揃っている。
確かにジャケットって作って印刷した後にいらない部分を切り取るのが面倒なんだよね。
「Media designシリーズ」と iTunes があれば今までよりも短い時間でジャケットが作れそうだね。
MediaDesign
詳しくはコクヨのプレスリリースを参照してください。
「Media designシリーズ」の専用サイトもあるよ。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/mediadesign/