山中教授が聴いている「プレッシャー」を聴くならベストもいいけど・・・

Billy Joel / The Nylon Curtain
Billy Joel / The Nylon Curtain

先日、iPS細胞開発の功績が認められてノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の山中教授。
何やらインタビューでジョギング中に聴いているのがビリー・ジョエルの「プレッシャー」と発言したらしい。
その効果なのか、ビリー・ジョエルのCDの注文が多くなっているとか。
でも下のリンクの記事を読むと『ビリー・ザ・ベスト』なのかとちょっとガッカリ。

山中教授効果 ビリー・ジョエルCDの発注増加 – スポニチ Sponichi Annex

ビリー・ジョエルの楽曲の中でも、割とヘヴィな雰囲気の「プレッシャー」は、1982年の『ナイロン・カーテン』
に収録されている。このアルバムのことは以前にも書いたからそこを見ていただきたい。
ファンの評価が低くても俺は『ナイロン・カーテン』が好き

確かに、ベスト盤を聴けば他の素晴らしい曲を聴くこともできるけど、
せっかく「地味め」なヒット曲がフィーチャーされたんだから、レコード会社も『ナイロン・カーテン』を推せよって思う。
まあ、手っ取り早いから仕方ないけどね。

少しはオリジナル・アルバムにも目を向けようぜ。
これが「ストレンジャー」だったら『ストレンジャー』アルバムがそのままフィーチャーされていたのかな・・・。