ドリンク代は客から取るだけでなく・・・

ドリンク代は何もライヴハウスに足を運んだお客さんから取るだけとは限りません。
ライヴハウスを借りてイベントを行うバンドやイベンターからも取ります。
例えば、16:00-22:00までライヴハウスを借りる。
そうするとそのホールレンタル代がかかります。
ここでは10万円としましょう。
これで4バンドでイベントをやるなら、1バンド25000円で済むと思ってはいけません。
ハコの中には「ドリンク保証」なんてものをとるところもあります。
ドリンク保証とは、あらかじめ一定の人数分のドリンク代を払いなさいよということ。
500円×80人分とか。
まあハコからすれば「お前らのために一晩貸してやるんだから80人ぐらいは客呼べよ」
ってところですね。
この例のように500円×80人分だったら40000円。
お客さんが80人に満たなかったらホールを借りた人がその分を負担します。
80人以上来たからって、そのドリンク代はライヴハウスのもの。
通常のブッキングでチケットノルマが1バンド25000円で4バンド出るという日に、
お客さんが全部で50人しか来なかったとしても、バンドにドリンク保証を払えとは言いません。
だけどホールレンタルになると発生するドリンク保証。
何だか釈然としないシステムですね。