H&MのCM曲は「グラビアの美少女」

テレビを何気に見ていたらH&MのCMが流れた。
バックに流れている曲に聴き覚えがあるなと思ったら「グラビアの美少女」じゃないか。
誰が歌ってるのさ?と思って調べてみたら、モナ・ドナーマンというスウェーデンの
The Nagsというバンドのヴォーカリストだそうだ。

ちなみにそのCMは何種類かあるけど、こんな感じね。


このカバーバージョンは今のところリリースの予定は決まっていないそうですね。
なんか最近のCM曲は既存のものを使わないでカバーが多いけど、
それらのリリースがないってのが多いね。

なのでちょっと原曲についていっておくと、「グラビアの美少女(Girls on Films)」は
デュラン・デュランが1981年に発表した1stアルバムに収録された曲で、
当時シングル・カットされてイギリスでは5位まであがるヒットとなったのですよ。
PVも貼っておきます。久々に見たけどなんか笑える。

当時この曲は日本でもヒットしたのかな?俺の記憶だと2枚目のアルバム”Rio”以降が
大ヒットして人気が出たって印象で、どちらかというと、この曲を含んだファーストアルバムは
1983年の再発盤で多く聴かれるようになったんじゃなかったかなぁ・・・。


Duran Duran / Greatest

もし原曲に興味を持ったなら、本当は1stアルバムと言いたいところだけど、
このベスト盤をオススメします。
件の曲以外にも「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」や「リオ」など、
大ヒットした曲が満載で、デュラン・デュランの素晴らしさがこれ1枚でわかると思うので。

コメント

  1. 通りすがり より:


    Girls on films日本でも流行りましたよ。
    懐かしいと思う人はたくさんいるはずです。

  2. hiroumi より:


    通りすがりさん
    自分もリアルタイムなはずなんですが「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」の
    ヒットでデュラン・デュランを意識しはじめたので、この曲に関しては後追いのイメージでした。

  3. US より:


    何でこの手のカヴァーCMソングは音源にならないんでしょうね。
    すごく凝ってて面白いのに、利権の問題でしょうか。