KIRINJI at 渋谷 CLUB QUATTRO 2018-07-25

KIRINJI

KIRINJI(以下、キリンジと表記)のツアー2018、今日が最終日だけどその前日となる7/25のライヴを観てきた。アルバム『愛をあるだけ、すべて』のリリースに伴うツアーだ。以下、セットリストを記載しておく。

  1. 明日こそは / It’s Not Over Yet
  2. 非ゼロ和ゲーム
  3. Mr. Boogieman
  4. Diamonds
  5. Lemonade
  6. Fake It
  7. 雲吞ガール
  8. 悪夢を見るチーズ
  9. この部屋に住む人へ
  10. タンデム・ラナウェイ
  11. 新緑の巨人
  12. 時間がない
  13. 僕の心のありったけ
  14. 嫉妬
  15. The Great Journey
  16. AIの逃避行
  17. After The Party
  18. まぶしがりや
  19. Silver Girl

俺、『愛をあるだけ、すべて』を毎日リピートして聴いていた時に、ライヴは「明日こそは」で派手に始まらないかなぁなんて思っていたんだけど、実際にそうだったので最高だった(正確にはオープニングSE的に「ペーパープレーン」が流れてから始まったんだけど)。

アルバムが出た頃のインタビューで堀込高樹はダンサブルなライヴをやりたいみたいなことを言ってたんだけど、今回はまさにそんな感じだった。曲が終わると間髪入れずに次の曲へ流れていく展開も良いし、これまでのキリンジのイメージ(シティポップ的な?)を塗り替えるようなライヴだった。

「Mr. Boogieman」を3曲目に持ってきたところにまず面食らった。これまでは後半の盛り上がりをさらに加速させるような位置づけにあったのに、前半からどんどん盛り上がれと言わんばかりだったし、ギター中心のアレンジってところも良い。唯一、いまでも寂しいのはコトリさんのコーラスが入っていないことだろうか。

なお、「Diamonds」はライムスターのアルバムに入っているキリンジ提供曲で、「Lemonade」はアイドルマスターに提供した曲でこれは弓木ちゃんが歌っている。

チガちゃんによる「悪夢を見るチーズ」もカッコ良かったし、何よりもチガちゃん、ハードロックバンドのメンバーのような形相でベースを弾いていたり、フロントに立ったことでとても楽しそうに見えた。

ライヴでもっと楽しみだった曲はラストの「Silver Girl」で、アルバムでは若干の物足りなさがあったんだよね。「ここで終わっちゃうの」って感じで。それを充分補う形で披露されて、やっぱりこの曲はキリンジの最高傑作のひとつじゃないかと思った次第です。玄さんのスティールパンの音色もよく聴こえたし。

楠さんのヴォーカルが聴けなかったのが残念だったけどね。あと、高樹の声がとてもよく出ていたんだけど、ツアーも後半だったから?ブルージーなギターソロ(確か「この部屋に住む人へ」)も聴けたしね。

ライヴが終わってから、秋か冬にもまたツアーやってくんないかなと思っていたんだけど、ついさっきすげえニュースを目にしたよ。

KIRINJIのメジャーデビュー20周年記念ライブ『KIRINJI 20th Anniversary Live 「19982018」』が、11月9日に大阪・Zepp Osaka Bayside、11月15日と16日に東京・豊洲PITで開催される。 先月にアルバム『愛をあるだけ、すべて』をリリースしたKIRINJI。同...

なんと!キリンジ20周年のライヴとして、堀込泰行がゲストで出演というじゃないか!しかも「アーリー・キリンジ」としてのライヴもあるとか。これは見たいでしょ!チケット争奪戦になりそうだよなぁ。兄弟時代のライヴの時にチケット取れなかったという忌々しい記憶がありまして・・・はい。

※あとで書き直し予定(1曲ずつ感想書くことにする)