ザ・フー『Live at Fillmore East 1968』

The Who / Live at The Fillmore East 1968

The Who / Live at The Fillmore East 1968

ザ・フーの1968年はフィルモア・イーストでのライヴを収録したCDがリリースされた。このライヴが行われてちょうど50年が経ってからのリリース。

CD1
01. Summertime Blues
02. Fortune Teller
03. Tattoo
04. Little Billy
05. I Can’t Explain
06. Happy Jack
07. Relax
08. I’m A Boy
09. A Quick One (While He’s Away)
10. My Way
11. C’mon Everybody
12. Shakin’ All Over
13. Boris The Spider

CD2
1. My Generation

CD2枚組で全14曲入り。アルバムで言うなら “Sell Out” の頃かな。”Tommy” は1969年だしね。この音源はブートレグでは有名らしくて(先ほどネット上で見つけた)、その時の音源が正式にリリースされたことでブートはもう不要ですね。

フーでライヴというと “Live At Leeds” が有名で、俺も好きなんだけど、そういえばそれ以前のライヴって聴いたことがないなと思って購入した次第。すごく良くて封を開けてから2回も続けて聴いてしまった。

ハードロックな部分とポップソングの部分が良い感じで混ざっていて、”Tommy” 以降への変化が垣間見えてくる。ディスク2には “My Generation” 1曲しか入っていないが、これが30分以上もある長尺バージョンで、ほとんどが演奏だけどこれがあっさり聴けてしまうぐらい入り込める。

これを聴いて確信したけど、俺はやっぱり “Tommy” 前後のフーが好きなようだ。最もバンドとして完成されているように思う。いや、単に後期を十分聴きこんでいないだけかもしれないけど。

因みに、このライヴは1968年4月と中のブックレットにも書かれていて、じゃあ4月の何日なのさと思ったら、CDのトレイのところにマスターテープの箱の写真があって「4/6/68 Sat.」と書かれていて、俺の生まれる1週間前のライヴということがわかったよ。