チョコクロワッサン日記9

あまり推されると冷めてしまうことが多々ある。それは俺の性格がひねくれているせいでもあるが、推しが強いとウンザリしてくるんだよね。

そんなわけで、俺はいまあるミュージシャンについて離れてしまっている状態で、どんな話題が出てもそれほど興味が湧かなくなっている。

あなた方のそのミュージシャンへの好き度は分かった、だけど毎日のようにSNSで写真を上げたり、熱い思いを読まされてしまったがためにお腹いっぱいなのですよ。よくもまあ毎日同じようなことを思っていられるなと。

いや、ファンであるということはそういう事なのかもしれないけど、俺には無理。

メタルならメタル、プログレならプログレ、パンクならパンクといった、特定の分野、ジャンルの方面の音楽ばかり聴ける人ってすげえなと思うのです。どこまでも「繋がった」聴き方ってこと。たまに違うの聴いているなと思っても、それも実は何繋がりとか、そんなことってあるじゃないですか。とても説明が難しいんだけど。

それは恐らく俺のこのブログを見てもらえればなんとなく分かるんじゃないかと思います。エリカ・バドゥのこと言ってたかと思えばちょっと前はシカゴ、もっと前にはフォーカスとかKIRINJIとか。別に俺の趣味は幅広いぜって自慢したいのではなく、聴きたいものがコロコロ変わるんですよ、気分によって。

※余談だけど、このブログに人が定着しない(と思っている)のはそういうことだからだと思います。もっと特定の音楽に特化していればそういう人たちが集まるのだろうけど、特定の音楽のことだけなんて俺が続かない。

だから全然その気分じゃない時にSNSとかでやたらと推してくる発言やら画像やら映像を、毎日のように見せられるのは苦痛になっちゃって、俺も昔から好きだった某ミュージシャンの情報はもういいよって思っちゃうんだよね。裏を返せば俺がその人の情報を欲している時はピッタリはまるんだけど。いまじゃ聴く気にもなれない(ごくたまに聴いているけど)って感じになるのです。

とはいえ、SNSなんて使う人の自由だから、毎日同じように「この人は凄いんだ」「これは聴くべきだ」とか言うなとは思わない。それは俺が逆に見ないようにすればいいだけなので。