ライヴ観たついでに転職情報も探せるのか?赤坂BLITZが「マイナビBLITZ赤坂」に

赤坂BLITZ

ちょっと・・・、赤坂BLITZが11/1から「マイナビBLITZ赤坂」って名前に変わるんだってさ。

ライブハウス「赤坂BLITZ」が11月1日より「マイナビBLITZ赤坂」に名称変更することを発表した。

いわゆる「ネーミングライツ」ってやつね、企業が公共施設に名称を付与する権利っていうんですか、命名権ってやつ。

記事によると株式会社マイナビが赤坂BLITZの命名権を取得したそうで、期間は3年間。俺たちはこれから3年間「マイナビブリッツ」と言うことになるんですよ。

この記事見て最初に出た言葉は「クソだせえ!」でしたよ、ダサいよね。

ネーミングライツと言えばかつて渋谷公会堂が「C.C.レモンホール」って名前に変わったこともあって、なんかね、どうなのと思うけど企業側からすればこれだけでかなりの広告効果があるみたいですよ。

でもさ、「伝説の渋公ライヴ!」とか「Live at AKASAKA BLITZ」みたいな言い草が、「伝説のC.C.レモンホールライヴ」だとか「Live at MyNavi BLITZ」とかになっちゃうわけですよ、一定期間は。あとから見たら同じ場所のものとか思えないよね。

恐らく今後3年間はBLITZ内にバイトや就職・転職情報が置かれるんじゃないかと。ライヴ観に行って仕事も探せるなんて一石二鳥じゃん!って、まあそれは冗談としても、少なくとも就活とか転職フェスの会場としても使われるんじゃないかと見ているが、どうだろうね。