いま聴いてる音楽にクシャミなんか入っていませんので

通勤中は音楽を聴いている。そういう人は多いだろう。その時に俺が気をつけているのは「音漏れ」。電車に乗ってる人に聞いて確かめた訳ではないけど、特に朝の満員電車では音量を下げて、車掌のアナウンスも余裕で聞こえるぐらいにしている。

帰りは若干音量を上げる。なんとなく周りが朝よりも騒がしく思えるから。そんな中、某駅で電車待ちしながら「サージェント・ペパーズ」を聴いていたら、どこからともなく「えーくしょんっ!」というクシャミが聞こえてきた。しかも連続で何度も。でもそのクシャミの主はどこにいるのか分からない、電車でいうとドア2つか3つ分離れたところにいる感じだった。そしてそれは間違いなく「おっさん」なのは分かった。

俺も中年のおっさんだからあえて言う。うるせえんだよおっさんのクシャミ!「えーくしょんっ!」なんて汚ねえ音でアピールしてんじゃねえよ。

大体「サージェント・ペパーズ」にクシャミの音なんか入ってねえし、デヴィッド・ボウイは曲の中でクシャミなんかしてねえんだよ、余計な音聴かせんじゃねえ。

おっさんなんて「いるだけで」迷惑だと思われてるんだから公の場では少しは遠慮しろ。だからこういうことが起きるんだぜ。

何を皆、そんなにいらだっているのだろう。駅の構内ですれ違う男性と肩が触れた。「気をつけろ、ばかやろう」と怒鳴られた。「そんなに突っかかるなよ」と、百万ドルの笑顔&

もう一回言っとく、おっさんなんて存在自体が迷惑と思われてるんだからそれ以上周りに迷惑かけんな。俺もおっさんなので言うけど。これがおっさんなら「自戒を込めて」とか書いちゃうんだろうね。俺も気をつけるよ。